みどえもん*ですのおと

別居2年。熟女が一人考える。

別居してから変化した生活 英語漬け

ども、みーどりーです。

 

そろそろ別居をはじめて(旦那が出て行ってから)二年の月日が経とうとしてます。

 

旦那が出て行ってから、私の生活はほんと一変しました。

 

まず早寝早起きになったよね。

 

なぜかと言うと、一人の夜が辛かったから(笑)

 

これは今書くと笑い話だけど、当時の私は一人で過ごす夜がほんとに辛くて、夜の8時ころには寝てしまっていたんです。

私、性格キツそうな感じしません?

ほんとはとってもかわいそうなのに(笑)

 

時々は旦那と過ごした日々を思い出しては

泣けてくる時間も無いことはなかったけど、

でも、旦那がいつか帰ってくる、ってどこかで思ってたし。

 

だから、それまでの時間を有効に使いたくて、

いろいろ習い事を始めたりもしました。

 

まず、ずっとやりたくて

でも旦那に反対されてて出来なかった英会話

 

英会話は子供のころからの夢で、

若いうちはコンプレックスに負けて挫折したんだけど。

 

この別居の時間を有効利用して、

いっそ海外に留学してしまおうか、とも考えたけど、

さすがにお金も勇気もなくて。

 

そもそも、この年齢で留学、というと、

受け入れ先はなかなかみつかりませんでした。

 

あるにはあるだろうけど

すっごい優雅な旅行を兼ねるようなやつで、

とてもじゃないけど海外留学は出来そうになくて。

 

なら、今のこの生活のまま、

あたかも留学をしているように生活すればいい!

 

自分でセットする国内留学にしよう!って。

 

当時の私は、特定の仕事をしていなかったので

1日24時間を好きに使うことが出来たから

誰にも気兼ねせず、24時間英語漬けの生活を送ることが可能だったんです。

 

だから、携帯の設定から、見るもの、聞くもの

できるだけすべてを英語に切り替えたの。

 

1日中、頭の中を英語にしたの。

 

f:id:tsarasara:20210107233359j:plain

 

今時は、海外の人と直接やり取り出来るアプリがあるので、それを使って、何人かの海外の友達を作ったりもして。

 

日本語ペラペラの海外の人に、毎日この生活を続けてたら3年でネイティブになれるよ、僕もそうだったから、と励まされ、とにかく毎日続けました。

 

早寝しているので、朝早く起きることができたのね。

時差のあるアメリカではちょうど夜。

 

一対一だったり、グループだったり、

海外の人と直接電話して英語を勉強したなー。

 

勉強した、というよりも、ほんとにずっと話してた。

くだらないことから、真面目なことまで。

 

ほんとに当時は毎日朝から寝るまで、そんな調子でずっと電話をしてました。

 

朝早起きしたら、アメリカ圏とお昼頃まで。

アメリカ圏が眠ったら、早起きのアフリカ圏と話しして。

あと、フィリピンや、マレーシアの人や、英語圏ではない日本人でも中国人でも英語が堪能な人なんかと友達になって、来る日も来る日も一日中英語で話してた。

 

ユーチューブも、ネットフリックスも、TikTok ティックトックも、全部英語で観たり。

 

アメリカのみならず、日本語を勉強したい海外の人はとても多いんです。

そのほとんどは若い人だけど、こちらが真面目に勉強しようとすると、みんな親切にしてくれました。

英語を教えてもらう代わりに、日本語を教える、という具合です。

 

はじめは何を言ってるのかさっぱりわからなかったけど、いろんな人の協力があって、だんだんと慣れることが出来ました。

 

もし旦那が家に居たら、そんな生活を送ることは不可能だっただろうから、何が幸いするかなんてわからないもんですね。

 

その中の何人かの人とはすっかり親友になり、今でも毎日LINEやWhatsAppなんかで話したりしているよ。

一度も直接会ったことはないけど、あの当時の辛い生活を支えてくれた大切な戦友。

 

今の私の英語は中級くらいになったかな?

 

これは冗談でもなんでもない。本当の話。

 

環境をすべて英語にすることだけで、本当に英語が話せるようになる?と疑うなかれ。

 

なれるの。

 

でも、私の場合は少し特殊かもしれないけれど。

 

旦那が帰って来る(帰って来るかも、と当時は思っていた)までの間だけだから

必死になった(期間限定だから)のと、

旦那が過去に、私が英語を話せるようになるわけない、と言ったことがあって

絶対に見返してやる、って思ってたのもあって。

 

それと、良い海外の友達に恵まれたこと。

 

捨てる神もいるけど、必要になれば拾う神もいる。

 

人間、やろうと思えば、辛い時間だって自分のための有意義な時間に変化させることが出来る。

 

そんな大事なことに気づくことが出来た、学びの多い、この2年でした。

 

もちろんTinder(ティンダー)なんかの出会い系のアプリを使って、直接会うこともあったけど、英語を母国語としている人はほんとに少なくて、うまくマッチング出来ませんでした~。

(ランゲージパートナーということだよ!(笑)誤解のないように!)

 

今でも英語は毎日ずっとそのまま勉強しています。

 

別居がなければ、いい年をした私が、こんなに英語を勉強できる時間を作ることは出来なかったと思います。

 

この年になって英会話を上達させることが出来たなんて我ながらめっちゃツイてたとも思います。

 

そうして考えると、別居したのは私にとって良かったのかな、と思います!

 

 

英語の関連記事

■ 英語が話せなかった私が話せるようになったワケと今夜も! - みどえもん*ですのおと

 

 ■国際ロマンス詐欺にだまされてしまった話。怒!!(ブログライブ配信なう④) - みどえもん*ですのおと

 

 ■英語を話せるようになりたいなら毎日ネイティブと話すべき!って話(年齢関係nothing) - みどえもん*ですのおと

 

無料英会話レッスンを攻略!私が図々しいおばさんになってもの巻 - みどえもん*ですのおと

 

英語を独学で学んだ私がオンライン無料レッスンにハマってるワケ - みどえもん*ですのおと (hateblo.jp)

 

無料!英会話オンラインレッスンで裏技教えてもらって最高に楽しかった話♡ - みどえもん*ですのおと (hateblo.jp)

 

ABOUT- この記事を書いた人-
みーどりー(id:tsarasara)

f:id:tsarasara:20210108134226j:plain

旦那と別居中の熟女。別居の日々や、調停の記録、離婚までの道のりを記録します。

寂しさをまぎらわせるため集中して勉強した英語が人生を変えそう。読者になると、本当の幸せに気が付くことが出来るかもです。かもです。(大事なことなので2回書きました)下のボタンをぽちっとお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 熟年離婚へ
にほんブログ村


熟年夫婦ランキング